牛乳を原料にしている

本気で知る!ラクトフェリンの免疫力

牛乳を原料にしている

ラクトフェリンは哺乳類のミルクに多く含まれており、商品化するために牛乳から抽出されることが多くなっています。そのためアレルギーのある方や、子どもに飲ませる場合に注意が必要だと感じる方もいるのではないでしょうか。

 

実は、卵と比べて牛乳でアレルギーになるリスクは非常に低いといわれています。鶏卵と比べて牛乳は10分の1程度のアレルギー出現率で、それほど多くは無いのです。実際にラクトフェリンは粉ミルクにも添加されており、子どもに飲ませても良いことがわかるでしょう。

 

もともと牛乳でアレルギーが起こるのは「βラクトグロブリン」というたんぱく質の一種が問題となり、この成分は母乳には含まれていません。さらにラクトフェリンでアナフィラキシーショックとなる報告はないため、アレルギー体質の方でも重篤な症状を引き起こすことはないと考えられています。

 

もし牛乳に強いアレルギー症状を引き起こす方は、ラクトフェリンサプリメントでも症状が出る可能性があるため、避けるのが無難でしょう。この成分は牛乳から抽出していることは忘れないでおいてください。

 

乳糖が分解できず多少不快な思いをするくらいの方は、もしかしたらラクトフェリンでは影響が出ない可能性があるでしょう。そのような方は少量ずつ試すことをおすすめします。

ホーム RSS購読 サイトマップ